自己給電型フレキシブルエレクトロニクスに向けて

ヒトの皮膚に適合するフレキシブル電子デバイスによって、さまざまな生体医療応用が実現する可能性があるが、硬い電源や結線に頼らずにそうしたデバイスに電力を供給する効率的な方法が今も求められている。染谷隆夫(理化学研究所ほか)たちは今回、非常に薄いフレキシブル有機太陽電池とセンサーとして用いる非常に薄いトランジスターとを一体化することによって、外部電源を必要とせずに皮膚や組織からの生体信号(心拍など)を測定できる自己給電型ウルトラフレキシブル電子デバイスを実証している。今回の戦略から、自己給電型フレキシブルエレクトロニクスを開発するための一般的なプラットフォームが得られる可能性がある。

Nature561, 7724

原著論文:

Self-powered ultra-flexible electronics via nano-grating-patterned organic photovoltaics

doi: 10.1038/s41586-018-0536-x

【関連記事】

Nature550, 7676 

Source: ハフィントンポスト