【台風26号】「イートゥー」が発生 週末以降の進路は定まらず

台風26号(イートゥー)が発生 週末以降の進路は定まらず

台風26号が発生

2018/10/22 05:07 ウェザーニュース

22日(月)3時、マーシャル諸島近海で発達中の熱帯低気圧が、台風26号(イートゥー)になりました。今年10月の台風発生は初めてで、9月29日に発生した台風25号以来、約3週間ぶりの台風発生となります。

▼台風26号 10月22日(月)3時

 存在地域   マーシャル諸島近海
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     西 15 km/h
 中心気圧   1002 hPa
 最大風速   18 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 25 m/s
>>最新の台風情報

週末以降の進路は定まらず

ジェット気流の位置

週末までは北西方向に進む予想です。週末以降は予報円も大きく、まだ進路は定まっていませんが、小笠原諸島に接近する可能性があります。最新情報を確認するようにしてください。

ただ、多くの台風が日本列島へ接近した先月までと比べると、気圧配置は晩秋に近いかたちへと変わり、ジェット気流が日本をガードする形となっているため、日本列島へ接近する可能性は比較的小さいとみられます。

ウェザーニュースでは、引き続き状況の監視を行い、新しい情報が入り次第お伝えします。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風26号のイートゥー(Yutu / 玉兎)は、中国が提案した名称で、民話に登場する月のうさぎのことです。

気象予報士による動画解説

※24時間生放送の天気予報専門番組「ウェザーニュースLiVE」より

【関連記事】

Source: ハフィントンポスト