JRA菊花賞「3000m無意味さ」に呆然……最後まで動かないままルメデム劇場に"無抵抗"だった日本人騎手

「動かない……まったくここまでは動きのない展開」

 21日に京都競馬場で行われた菊花賞(G1)は、C.ルメール騎手のフィエールマン(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)が優勝。最後の直線でM….
Source: ビジネスジャーナル