大好きな新垣結衣さんに会わせたい!B'zのライブに連れて行こう!小児がんの子の夢を叶えるプロジェクト

smilesmileproject

ジャパンハートの事業のひとつに「smile smile project」のようなものがある。

このプロジェクトは、小児ガンの子どもたちを好きなときに好きな場所に連れています!ということがコンセプトの中心となっている。

あるときはディズニーランド、あるときはキッザニア、それとあるときはピクニック。

それに医師や看護師が同行し、安心・安全を担保しているのが特徴だ。

毎年毎年、たくさんの子どもたちに、たくさんの旅行をプレゼントしてきた。

中には、もう限界ギリギリの子どもたちもいた。残念なことに、この日を待っている間に亡くなってしまった子どもたちもいます。

親は我が子の事を愛し、できる限り何でも、あらだ限の事をしてあげたいと思う。

それでもまた他人であっても、子どもたちのその姿を実際に一目見れば、何か力になってあげたいと思う。

ある女子高生は有名なB’zの大ファン。

ファンクラブにも入り、コンサートのチケットも手に入れる。

しかし、、、。

状態が思わしくなく、もう起き上がることもできない。

そんな自分、そんな状況、そして手元に虚しく残るコンサートチケット。

やけになる。

大切な人生の時間なのに、やけになり過ごさなければならない。

でも、彼女の主治医はあきらめなかった。

ジャパンハートに連絡をしたのだ。

そして主治医自らもこの子に付き添い、半ば強引に手押しベッドのままコンサート会場へ入った。

とうとう、B’zのコンサートに参加するというこの子の夢の時間を実現したのだ。

その子は、考えられないくらいにコンサート中を元気に過ごせた。

命をかけてでも行きたかったそのコンサート。

もしかしたら、、、。

それを実現した誰もが、その思いを抱えていたことだろう。

それをするべきだったか?やらざるべきだったか?

もしもの事態が発生していたらどうだったのか?

正解は誰にもわからない。

ただ、神様はそれを許してくれたようだった。

もう一人、この子も高校生の男の子。

新垣結衣さんの大ファン。

しかし、頭にできた小児ガンが再発。治療はかなり厳しいらしい。

せめて、この子の憧れの人であり、そして会うことが夢だった新垣結衣さんに会えないのか?会わせてあげられないのか?

と、親がジャパンハートへ連絡をしてきた。

もしも私が医師ではない一人の若者だったとしたら、その子に会う勇気があるかな?

あなたに会うのが夢でしたと言われたら、どんな表情をしたらいいのだろう?

ましてや、小児ガンの治療をしている人は日本に15000人以上いて、そのうち何人もの人に会いたいと言われたらどうするのだろう?

一人目の子には会うだろうか?

でも、二人目、三人目の子には同じチャンスはあるのだろうか?

再現できないような事をしてもいいのだろうか?

それをすべきか、やらざるべきか?

どちらも正解ではなく、誤りでもないだろう。

今、この件は上手く進んでいない。

でも、スタッフ達は必死にこの子の夢を叶えようと動いている。

それを止めるような野暮な事は誰もしない。

どうすべきか?

理屈は確かにある。

人は頭で考えて判断する。

しなかった私たちは感情で動く。

これこそが、本来の人の姿なのだ。

だから、ききももなくてもこの子の為に動きたいならば動く。

この子のために、せめて小さな奇跡が起こることを願います。

「この世は捨てたものじゃない」と、この子にも考えてもらいたい。

それは私たちも、そう思って生きていきたいから。

Source: ハフィントンポスト