JRA「WIN5・6050円」に悲鳴のワケ……史上最低配当が示した「怖さ」と絶望?

 8日に行われた京都大賞典(G2)は、サトノダイヤモンドが早め抜け出しで後続を振り切り久々の勝利を手にした。夏の宝塚記念でファン投票1位となった人気馬の復活は、多くのファンを喜ばせたに違いない。

Source: ビジネスジャーナル