ノーベル平和賞、コンゴの医師デニ・ムクウェゲさんとナディア・ムラドさんが受賞。性暴力根絶を訴える

2018年のノーベル平和賞に、コンゴ民主共和国で活動する医師デニ・ムクウェゲさんと、イラク・クルド民族少数派ヤジディー教徒のナディア・ムラドさんが選ばれた。

ノルウェーのノーベル委員会が10月5日に発表した。

デニ・ムクウェゲさんは、性暴力被害者への医療に取り組んできた。ナディア・ムラドさんはイスラム国(IS)に性奴隷として拘束された経験があり、性暴力根絶を訴えてきた。

委員会は受賞理由について「戦争や紛争で、性的暴力を武器として使うことを終わらせる活動に努めてきた」と説明した。

https://platform.twitter.com/widgets.js

Source: ハフィントンポスト