「財務・会計コンサルタント」の活躍の場は、国際化でますます広がっている

あらゆる業界・業種の企業が、海外市場に進出している昨今。国際会計基準の対応、グローバル連結経営の導入、内部統制の強化、M&A後の統合支援など、財務・会計が担う役割がより重要視されている。特に、多岐にわたる事例に明るい「財務・会計コンサルタント」が求められる場面も。そこで今回は財務・会計コンサルタントの求人動向について見ていこう。

国際化に対応する「財務・会計」の市場価値が高まる時代へ

そもそも、財務・会計コンサルタントはどういった役割を担うのか。求人を見ると、企業・ポジションによって違いはあるものの、大きく分けると以下のようなミッションを担うことが読み取れる。

・国際会計基準(IFRS)の決算業務プロセス構築/システム構築・改修

・経理財務部門の変革構想立案・策定、プロセス改善・変革支援

・経営管理の仕組みのグローバル展開支援

・経営管理のためのKPI設定から運用支援

・M&Aアドバイザリー

多くの企業がグローバル展開を進める時代、海外企業に対するM&Aを強化する動きもある。そういった中、財務・会計領域はより一層複雑化しているといっていいだろう。

加えて、世界120ヵ国以上で使用される「国際会計基準(IFRS)」への変更や、グローバル連結経営の導入、内部統制の強化、M&A後の統合支援、新たな会計システムの導入など、多くの企業が財務・会計領域の変革を進めている。

今後、財務・会計コンサルタントが担う役割はより大きくなっていくと言えるだろう。

この記事に関連する求人はこちら

財務・会計コンサルタントとして求められる専門性

求人を見る上でポイントと言えるのが、必ずしも「財務・会計コンサルタント経験」を求めない募集も多いということ。たとえば、事業会社のコーポレートファイナンスに携わってきた方や、投資銀行・証券会社でM&Aに携わってきた方、会計システムの開発・導入に携わってきた方を求める求人もあった。

それでは今、どういった求人がオープンになっているのか。具体的な一例を紹介していこう。

▼投資銀行業コンサルティング企業

M&A、IPOといった財務戦略に関するアドバイザリーなど、投資銀行業務全般を担う企業。

・業界分析や個社分析

・ソーシング

・ディールストラクチャリング

・ネゴシエーション

といった、幅広い業務経験を積めるのが特徴だ。特定のプロジェクトに一貫して携わることが可能なため、長期にわたり顧客と向き合いたい方に適しているだろう。

▼金融機関向けマネジメントコンサルティング企業 地方銀行など金融機関に対し、業務改善やコストカット、店舗戦略、事業再編後の経営統合といったコンサルティングを行う。規制業種の開拓に意欲のあるポテンシャル人材を求めている。

企業の競争力を高めるため、サービス品質や営業力の向上だけでなく、財務・会計面の見直しがより重要になっている。ファイナンス関連のスキルを活かせる場は広がっていると言えるだろう。

この記事に関連する求人はこちら

【関連記事】

【関連リンク】

カイシャの評判ジャーナル | 話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

人事、採用、労務の情報ならエン人事のミカタ

CAREER HACK | WEB・IT業界で働く人々の人生を少し豊かにするメディア

転職エージェントなら 【エン エージェント】 エンジャパン


Source: ハフィントンポスト