三億円事件の犯人?それとも創作? 「小説家になろう」の投稿で議論沸騰

戦後最大のミステリーとも言われる「三億円事件」の犯人を自称する人物が、手記を公開したことが話題を呼んでいる。

掲載されているのは、小説投稿サイト「小説家になろう」だ。本当に犯人なのか、それともよくできたフィクションなのか。ネット上ではさまざまな意見が出ている。

警視庁が作成した3億円強奪事件の偽白バイなどの遺留品が書かれた手配書(東京・千代田区の警視庁) 

■三億円事件とは?

三億円事件は、約50年前の1968年12月10日に起きた未解決事件だ。

日本信託銀行の現金輸送車が、工場従業員へのボーナス約3億円を、白バイ隊員の警察官の姿をした男の命令で停止させられる。「輸送車にダイナマイトが仕掛けられているという連絡が入った」と告げために運転手らが輸送車から離れたところ、男は輸送車を運転してそのまま逃走した。

捜査は長期化し、延べ17万人の捜査員が投入され、11万人超の容疑者がリストアップされたが、事件は未解決のまま、1975年に時効を迎えた。真犯人は未だに判明していない。

 

■投稿された手記は?

投稿された手記は「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」というタイトルだ。8月8日に「真相の告白」という項目から始まり、72の項目に分かれて投稿。9月23日に完結した。著者名は「白田(しろた)」となっている。

手記内の説明によると、著者は孫もいる老人。長年連れ添っていた妻が69歳で他界し、葬儀を終えたあとに、一人息子に三億円事件の真相を告白したところ、「これを世の中に発表しよう」と言われた。マスコミに発表することを考えていたが、諸事情で断念。息子が見つけた「小説家になろう」に投稿することを決めたのだという。

 

■ネット上の反応は?

この手記について、本当に犯人が書いたものなのか、精巧なフィクションなのか議論が沸騰している。老人にしては文体が若すぎるという声もある一方で、「内容がガチっぽ過ぎて本人としか思えない」という反応もある。

一方で、仮にフィクションだとしても「すごく読ませる文章で、ウェブ小説にしておくには勿体ない」という声や、「本当かどうかはわからないけど夢中で読んでしまった」と評価する声も出ている。

三億円事件の発生から12月10日で50年を迎えるが「謎の手記」に注目が集まりそうだ。

Source: ハフィントンポスト