「これ以上、新しい基地は造らせない」。沖縄県知事選で初当選した玉城デニー氏、辺野古移設反対を強調

沖縄県知事選で勝利し、万歳する玉城デニー氏(中央)=9月30日夜、那覇市

沖縄県知事選が投開票された9月30日、初当選を決めた玉城デニー氏(58)は選挙事務所で支持者らと踊って喜びを表現した。

アメリカ軍の普天間飛行場を名護市辺野古に移す計画については「これ以上、新しい基地は造らせない」と改めて反対を表明した。

開票から約1時間半後の午後9時半ごろ。報道各社が次々と玉城氏の当選確実を報じた。

それを受け、那覇市の選挙事務所で待機していた玉城氏は勝利を確信。「デニー」コールも起こる中、支援者らとともに踊って喜んだ。

「勝利宣言」の中で、玉城氏は自身を後継者に指名した故・翁長雄志前知事についてこう述べた。

これ以上(沖縄に)新しい基地を造らせないという言葉、思いを命を削って全うしようとしたことが、多くの県民の皆さんの気持ちにしっかりと宿ったと思う。その気持ちが私を後押ししてくれた。

記者から普天間飛行場の辺野古移設計画についての姿勢を問われ、玉城氏は次のように断言した。

沖縄県が発布している承認撤回は、私ははっきりと支持いたします。辺野古に新しい基地を造らせないというこの誓いはしっかりとぶれずにこれからも全うしていきたい。

国との関係についてはこう答えた。

翁長知事もそうだったと思いますが、決して私たちから対立や分断を持ち込んでいるわけではありません。

そこはしっかり国と協議をし、国にとっても沖縄の優位性を高めていく。それが国内の経済を伸ばしていく、支えていくということであれば、国も歓迎するでしょう。

そのことについては私たちも国としっかり協議したい。しかし、県民が認められないもの、その最たるものは辺野古の新基地建設です。それについては県民の思いをしっかりと政府に要求したい。

この発言の後、後ろに控えていた支援者らからはひときわ大きな拍手が起こった。


Source: ハフィントンポスト