台風24号の進路は? 週末に沖縄、週明けに九州・本州へ

大型で非常に強い台風24号は26日(水)3時現在、沖縄の南の海上をゆっくり北上しています。中心気圧は935hPa、中心付近の最大風速は50m/sです。

▼台風24号 9月26日(水) 3時現在

 存在地域   沖縄の南

 大きさ階級  大型

 強さ階級   非常に強い

 移動     北 ゆっくり

 中心気圧   935 hPa

 最大風速   50 m/s (中心付近)

 最大瞬間風速 70 m/s

>>最新の台風情報

沖縄は影響が長く続く

台風24号の雲と周辺の高気圧の様子

台風はベトナムから南シナ海にかけて勢力を広げる高気圧に行く手を阻まれ、27日(木)頃にはいったんほとんど停滞する予想です。

28日(金)以降、再びゆっくりと北西への移動を始め、29日(土)に先島地方に近づきそうです。

勢力が強い一方で動きが遅いため、暴風や大雨が長時間続く恐れがあります。食料の備蓄など早めに対策しておくと良さそうです。

>>3つの気象機関による詳しい進路予想と影響予測

週明けは九州、本州へ

世界の気象機関による予測モデル

昨夜時点で、各国の予測モデルによるシミュレーションの結果では、進路を東よりに変えて本州に近づくコースが優勢となっていました。

最新の進路図では、週明けの予報円が九州や四国、本州にかかっており、接近・上陸の恐れが出てきています。随時最新の情報をこまめに確認し、早めの台風対策を行うようにしてください。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風24号のチャーミー(Trami)は、ベトナムが提案した名称で、バラ科の花の名前です。

気象予報士による動画解説

※24時間生放送の天気予報専門番組「ウェザーニュースLiVE」より

(2018年9月26日ウェザーニュース「台風24号 週末は沖縄、週明けは九州・本州へ。上陸の恐れも」より転載)

Source: ハフィントンポスト