マドンナの娘、人魚顔負けの装いでNYファッションウィークデビュー

貝殻とボディーチェーンのブラジャーに、細断されたローライズジーンズ。

マドンナの娘ローデス・レオンが、人魚顔負けの装いでニューヨーク・ファッション・ウィークデビューした。

頭にはグリーンの羽飾りをつけ、足元は無骨な白のスニーカーを合わせた、セクシーかつクールな装いだ。

ランウェイには、小さなサングラスをかけて登場した。

//www.instagram.com/embed.js

ローデスがモデルに起用されたのは、ファッションブランド「ジプシー・スポーツ」の2019春夏コレクション。

ヴォーグによると、レオンはジプシー・スポーツのデザイナー、リオ・ウリベに自らコンタクトを取って、ショーの出演を打診した。

ニューヨーク・ファッション・ウィークで初めてキャットウォークを歩いたローデスだが、これまでにステラ・マッカートニーの香水「POP」のキャンペーンモデルや、コンバースとメイドミーのコラボキャンペーンモデルなど、活躍が注目を集めている。

現在21歳のローデス。モデルとしての活躍をInstagramの写真で見てみよう。

//www.instagram.com/embed.js

//www.instagram.com/embed.js

//www.instagram.com/embed.js

//www.instagram.com/embed.js

ハフポストUS版の記事を翻訳・編集しました。


Source: ハフィントンポスト