「こういうハグが恋しい」 親から拒絶されたLGBTの子どもたちを、教会のメンバーが抱きしめた

@jenhatmaker via instagram

LGBTの権利を訴えるパレードで、ある教会のメンバーが「フリー・ハグ」を実施した。同性婚を認めない保守的なクリスチャンもいる中で、教会がこうした行動に出たことが話題を呼んでいる。教会がフリー・ハグをしたのは、8月上旬にテキサス州オースティンで開催されたプライドパレードで、その様子を海外メディアが報じている。

この教会に通う作家ジェン・ハットメーカーさんがInstagramにその様子を投稿した。それによると、LGBTであることを家族に受け入れられず、辛い目にあう当事者も多いため、彼らは「母親が子どもにするようなハグ」を試みた。

当事者の子どもたちからは、こんな反応があったそうだ。

「こういうハグが恋しい」

「お母さんは、もう僕・私のことを愛してないの」

「お父さんに、もう3年も口を聞いてもらってない」

「お願い、あともう一回だけハグさせて」

ある研究によると、ホームレスを経験するアメリカの若者の約40%がLGBTで、そのうち43%が性的指向や性自認を理由に、親から無理やり追い出されている。

ハットメーカーさんと彼女が通うオースティン・ニュー・チャーチは、そのような子どもたちのお母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、そして牧師さんの代わりにハグをした。

Jen Hatmakerさん(@jenhatmaker)がシェアした投稿

//www.instagram.com/embed.js

「私たちは、彼らが信じられないほど愛されていて、必要とされていて、かけがえのない存在であることを何度も何度も伝えました」

ハットメーカーさんはそう語っている。

キリスト教・福音主義の作家として知られるハットメーカーさんは、過去のインタビューで同性婚を支持していることを明らかにしており、自身のFacebookでもクリスチャンはLGBTを支持するべきだと発言している。

(編集:船木杏奈)

var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([‘insertWidget’, { widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’, insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’, renderTemplateUrl: ‘auto’}]); // Async load of cx.js (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’; e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’; t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: ハフィントンポスト