「真夏の車内の熱で、ゆで卵たまごは作れる?」発想が斜め上な自由研究、衝撃的な結果に…

車内に設置した簡易のソーラークッカー(左)と水を張った黒塗りの空き缶の中に沈めた卵(右)

炎天下に駐めた車の中で、ゆで卵が作れるのかーー。

斜め上の発想をいく夏休みの自由研究が、話題になっている。

イラストレーターの前川さなえさんが8月29日、息子の自由研究の様子と結果をTwitterやブログで報告すると、瞬く間に反響が広がっている。

前川さんのツイートやブログによると、自由研究のテーマは太陽熱。

実験では、水を張った黒塗りの空き缶の中に沈めた卵と、アルミホイルに包んだ卵の変化を比較した。反射鏡で集めた太陽光の熱で調理ができる器具「ソーラークッカー」も使用し、晴れの日の車内に、午前中から8時間卵を放置した。

空き缶の水につけた卵(左)とアルミホイルに包んだ卵(右)

https://platform.twitter.com/widgets.js

すると…衝撃的な結果に!

https://platform.twitter.com/widgets.js

それぞれ、立派なゆで卵(水つけ)と温泉たまご(アルミホイル)になっていたのだ。

前川さんはツイートの中で、「空き缶の水は50度のお湯になっていた」と報告。駐車場の車内に放置された子供が死亡した事件を念頭に、「そりゃパチンコ屋で子どもも死ぬわ」と漏らした。

前川さんはブログで、実験の様子を描いた4コマのイラスト漫画を掲載し、卵の殻を割った瞬間、恐れおののく2人の様子などが描かれている。

衝撃的な結果に、Twitter上では「恐ろしいけど、すごくためになる」「すごい発想力」「お見事」といったコメントが寄せられた。

Source: ハフィントンポスト