阿波踊りの"総踊り"、徳島市の「中止」要請に反発して強行 "弾圧の歴史"から紐解く

 徳島市長が中止を決定した阿波踊りの”総踊り”が13日夜、踊り手側の団体によって独自に強行され、約1400人が路上を埋め尽くした。

 徳島の阿波踊りで、1日の最後に行われる総踊りは最大の見せ場。これまで総踊りは1カ所の有料会場で行われてきた。しかし、設置できる客席の数には限度があり、主催する徳島市側は「赤字対策」として総踊りを止める代わりに4カ所の有料会場に踊り手を分散。それによって観客も分散することができ、チケットの売上も伸びると考えていた。

 これに対して、総踊りを仕切ってきた阿波踊り振興協会は市長らの決定に猛反発し、自分たちで総踊りを強行すると宣言。山田実理事長は12日、「どんなことを言われても負けません。頑張って総踊りをどこかでやろうと思います。踊る阿呆ですから、何ごとがあってもやり遂げたいと思います」と述べた。

 一方、徳島市の遠藤彰良市長は13日に緊急会見を開き、「踊りたい気持ちがあるというのは十分わかりましたけど、一番優先は安全。これは踊り手として絶対考えないといかんと思います。何度も言いますけど、こんまい(小さい)子どもおるんですよね。ドッとみんなが移動したら大変なことになるというのは恐らく誰でもわかっていると思うんですけど、それであえて実行する気持ちは私は理解できません」と改めて総踊りの中止を呼びかけた。

 両者の対立が続く中、振興協会は総踊りの会場に有料の4会場ではなく無料で見られる会場を選んだ。そして13日午後10時ごろ、総踊りを見ようと大勢の観客が詰めかけた会場に姿を見せた振興協会の山田理事長。その場で中止を決めた市側のスタッフを見つけると、「お客さんの数見てみい!やめさせてみい!」「今(踊り子を)どけるの?どういうふうにどけるの?みなさんに聞いたら?」と舌戦。そして、「祭りは自分たちで決めて自分たちでやる」と宣言し、観客からも声援が飛ぶなど会場は異様な熱気に包まれた。

 この状況に実行委員会のメンバーは、「容認したわけではございませんけど、事実上ここで今直ちに阻止することはできないと思います」と中止を諦めざるを得なかった。

 そして始まった総踊り。約1400人の踊り手が一糸乱れぬ舞を見せると会場のボルテージは一気に上がり、観客は一斉にカメラを向ける。同じころ、例年総踊りが行われていた有料のメイン会場を見てみると、客席は空席が目立つ。去年の総踊りと比べてみると一目瞭然だ。一方、振興協会によって行われた今年の総踊りはおよそ30分にわたって披露され、大きな混乱やけが人を出すこともなく大盛況のうちに終わった。

 終了後、山田理事長は「皆さんがこれだけ喜んでくれておとこ冥利につきます。踊り子も本当に嬉しかったと思うので、これが庶民の声だということを例えば市長さんにもわかっていただきたいなと思います」とコメント。一方の遠藤市長は、総踊りが強行されたことに「実施しないよう求めてきたが、無視して行われたのは誠に遺憾。今後の対応を検討する」としている。

 徳島市側と踊り手側が対立し、強行された今回の「総踊り」。歴史学者で東京大学教授の本郷和人氏は「そもそも人間は古来から踊りや歌によって神を祀ってきた。それは人類として自然発生なものとも言える。それが江戸時代になり幕府などの”お上”が、民衆の踊りが一揆につながるとして禁止してきた。阿波踊りは400年の伝統があるお祭りで、徳島県は蜂須賀という大名がいた。この大名も踊りの禁止令を何度も出していたが、庶民たちはめげずに阿波踊りの伝統を絶やすことがなかった。お上がいくら規制してもそもそも庶民たちが自分たちのために始めたものなので、規制をかけようとするのは歴史から見ても明らか」との見方を示す。

 一方で、「子どもたちの危険を考えてやろうと、必ずしも上から押さえつけたわけではないだろう」と市側の主張に理解を示しつつ、問題視されている赤字については「今回の総踊りは”当たった”が、これが赤字を拡大してしまうことになると、(踊り手側は)自分で自分の首を締めることになる。お上だ庶民だと言うのではなく、観光資源としてもお祭りとしても考えてほしい」と次回開催時の改善を訴えた。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

Abemaビデオ▶阿波踊り”総踊り”強行の映像はこちら(13:53~)

Source: ハフィントンポスト