左利きの日。左利きの“最大の天敵”は意外なアレだった。

8月13日は左利きの日。

Twitter上には、左利きの人たちからの本音ツイートが溢れている。

「スポーツでは重宝された」「世界の10分の1の個性をくれてありがとう」といったポジティブな声が上がる一方で、駅の改札、習字、ハサミ、寿司、カメラのシャッター、飲み会の席……など日常の不便を訴える投稿も多い。

なかでも目を引くのは、「おたま」に関する投稿だ。

右利きに配慮した形状のおたまや、スープ用おたま(スープジャー/スープレードル)は、右利きの想像を超える使いにくさのようだ。

https://platform.twitter.com/widgets.js

下の絵を見て、想像してみてほしい。たしかに「天敵」と表現するのもうなずける。

https://platform.twitter.com/widgets.js

なお、最近では、両利きに対応したスープ用おたまも普及しつつあるようだ。

https://platform.twitter.com/widgets.js

ちなみに、8月13日を「左利きの日」と定めたのは、イギリスの団体「The Left-Handers Club(左利きの人たちのクラブ)」。

右利き用だけでない誰もが安全に使える道具を、各種メーカーに呼びかけることを目的に提唱・制定されたという。

世界の約10%の人が左利きといわれており、計算上は日本にも1割ほどいるとみられる。

贈り物に左利き用のグッズをもらってうれしかった、という声もあった。多くの人が、左利きの人たちの声や日常を気にかける一日になればいいだろう。

Source: ハフィントンポスト