鷲宮神社の鳥居が倒壊。「らき☆すた」の聖地で何が?

倒壊した鷲宮神社の鳥居

埼玉県久喜市の鷲宮(わしのみや)神社の鳥居が8月11日午前に倒壊した。鷲宮神社はアニメ「らき☆すた」のモデルとなったことがきっかけで、アニメファンが「聖地巡礼」に訪れることで知られていた。

倒壊の原因は老朽化とみられており、けが人はいなかった模様だ。

倒壊前の鷲宮神社の鳥居

(写真の出典:Wikipedia/CC BY-SA 3.0)

久喜市在住で、鷲宮地域の観光ブログ「えるるのえるろぐ」を主催する「えるる」さんがTwitterに写真を掲載した。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

■現地ブロガー「立派に再建された姿を楽しみにしたい」

えるるさんは、ハフポスト日本版の取材に対して、以下のように答えた。

— 現場はどんな様子でしたか?

地元の人たちが散発的に見に来ていました。 それほど人混みはないです。

— 倒壊の原因は老朽化というのは、どこで知りましたか?

神社関係者や、様子を見に来ていた知り合いの工務店の人に聞きました。

— 長年親しまれた鷲宮神社のシンボルが倒壊したことをどう感じましたか?

『らき☆すた』で有名になってから、10年以上撮り続けていたので、倒れたと聞いて驚きました。でも、古い建造物ですし、よく持ってくれたという感覚です。時期は分かりませんが再建する予定とのことで、立派に再建された姿を楽しみにしたいです。


Source: ハフィントンポスト