「直感」頼みの方が、仕事はうまくいく。これからのアート×ビジネスを考える【イベント】

世界のエリートは「美意識」を鍛えている

ハフポスト日本版は9月8日、神奈川県・箱根にあるポーラ美術館で、直感や感受性など「アートで身につく力」をビジネスに生かすためのワークショップを開催します。

ベストセラー「世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか?」(光文社新書)の著者で、外資系コンサルタントの山口周さんがゲストです。

ビジネスの現場では「論理力」や「分析力」が大事にされています。その一方で、企業の幹部がアートスクールに派遣されたり、会社帰りに美術館に行く人が出てきたり、「アートの力」も注目されています。

ポーラ美術館内観

アートの力で、仕事も人生も楽しくなる。

「今日のように複雑で不安定な世界において、ビジネスの舵取りには『美意識』が必要だ」。山口周さんは著書の中で、理性や論理を超えたスキルの大切さを語っています。

アートのことは、これまでよく分からなかったけど、学んだ方が人生は楽しくなるのか。そうは言っても、「論理の力」は仕事で必要なのではないか。山口周さんと考えてみたいと思います。

また、今回のイベントでは、作品を観ながら、参加者が感じたことを語り合うことでさまざまな視点を共有する「対話型」の美術鑑賞、ポーラ美術館が提案する「アート・ワークショップ」(AWS)を体験いただけます。

【イベント概要】
イベント名:「働く人こそ、本物をみて語り合おう。 箱根のポーラ美術館でアートワークショップ体験ツアー」

開 催 日 2018年9月8日(土)11:00~18:00

集合場所:①小田原駅前 または ②新宿駅前

開催場所:ポーラ美術館(神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285) 

定員人数:40名

参 加 費:1名あたり ①1,800円 または ②3,600円

*料金に含まれるもの

① …小田原駅⇔ポーラ美術館間・往復バス代、昼食、入館料

② …①の内容に加え、新宿 小田原駅間・片道ロマンスカー代

締め切り:2018年8月24日(金)※ 先着のため、定員になり次第受付を終了。

応募方法:こちらのフォームよりご応募ください。

交通機関について

 当日の交通機関については、下記の3つからお選びいただけます。

 1) 新宿駅からロマンスカー+小田原駅からシャトルバス乗車

 2) 小田原駅からシャトルバス乗車

 3) 現地集合(参加費①のチケットにてお申し込みください。)

 *新宿〜小田原間の途中乗車のお申し込みは承れません。

 *乗車券の事前送付等の対応は行っておりません。ご了承ください。

その他、参加要件

 *未成年の場合は保護者同伴

 *未就学児不可

 *昼食のご用意があるため、アレルギーをお持ちの方はお申し出ください。

主催ポーラ美術館/ハフポスト日本版

<登壇者プロフィール>

山口周(やまぐち・しゅう)

1970年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科卒業、

同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程修了。電通、ボストン・コンサルティング・グループ等を経て、組織開発・人材育成を専門とするコーン・フェリー・ヘイグループに参画。現在、同社のシニア・クライアント・パートナー。専門はイノベーション、組織開発、人材/リーダーシップ育成。

著書に『世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか』『天職は寝て待て――新しい転職・就活・キャリア論』

『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』『外資系コンサルの知的生産術――プロだけが知る「99の心得」』 等。

今井敬子(いまい・けいこ)

ポーラ美術館学芸課長。上智大学文学部フランス文学科卒業後、フランスへ留学し、ルーヴル美術学院学士課程修了、パリ第4大学ソルボンヌ考古学美術史学科修士課程修了。

専門はフランス美術をはじめとする20世紀美術。展覧会の企画および対話型ギャラリートークやワークショップなどの開催に取り組む。

竹下隆一郎(たけした・りゅういちろう)

ハフポスト日本版編集長。慶應義塾大学法学部卒。2002年朝日新聞社入社。経済部記者や新規事業開発を担う「メディアラボ」を経て、2014年~2015年スタンフォード大学客員研究員。2016年5月から現職。

アートとビジネスが融合する「アタラシイ時間」。

ハフポスト日本版は5月に5周年を迎えました。この5年間で、日本では「働きかた」や「ライフスタイル」の改革が進みました。

人生を豊かにするため、仕事やそのほかの時間をどう使っていくかーー。ハフポスト日本版は「アタラシイ時間」というシリーズでみなさんと一緒に考えていきたいと思います。「 #アタラシイ時間 」でみなさんのアイデアも聞かせてください。

Source: ハフィントンポスト