ボクシング山根明会長が辞任表明。「男としてのけじめを話す」⇒1ラウンド3分より短かった。

辞任を表明し、頭を下げる日本ボクシング連盟の山根明会長(手前)=8月8日、大阪市北区 

アマチュアボクシングを統括する「日本ボクシング連盟」をめぐる一連の問題で、山根明会長が8月8日、大阪市内で報道陣に対して会長職を辞任すると表明した。

7日に開かれた連盟の緊急理事会の後、山根会長は進退について「会長一任になった。わたしの生涯を、男としてのけじめを明日話す」と報道陣に語っていたが、きょうの発言時間は、ボクシング1ラウンドの3分間よりも短かった。

選手に向けて謝罪の言葉を口にした上で「将来東京オリンピックに参加できなくても、その次のオリンピックもあります。頑張ってください」と語った。

山根会長の発言全文は、次の通り。

————

私は本日をもって、辞任をいたします。その理由は、昨夜日本連盟の理事会におきまして約3時間、理事会でいろんな話し合いが出ました。最後に理事のみなさんから(進退について)会長一任ということを言われたので、私自身が家に戻って、妻に先に相談し、辞任をしたいと言われたので、言いました。私はどういうことがあっても会長を死ぬまで面倒見ていくから、今は楽になってください、ということを言われたので決意をしました。

私に対して、応援してくれた全国33都道府県の皆様には感謝を申し上げます。同時に、選手のみなさまにはこのような問題があったことに関して、法人の会長として申し訳ない。どうか選手のみなさん、将来東京オリンピックに参加できなくても、その次のオリンピックもあります。頑張ってください。本日は本当に申し訳ありません。

———-

山根会長は発言後、報道陣のからの質問は受け付けずに会場を後にした。

Source: ハフィントンポスト