台風13号、8月8日夜~明日早朝に関東へ接近 上陸のおそれも

8日(水)6時現在、強い勢力の台風13号(サンサン)は、関東の南、八丈島の東の海上を北西に時速15kmで進んでいます。

この時間は、関東南部や東海地方の一部が、風速15m/s以上の強風域に入っています。

▼台風13号 8日(水) 6時現在

 存在地域   八丈島の東約220km

 大きさ階級  //

 強さ階級   強い

 移動     北西 15 km/h

 中心気圧   970 hPa

 最大風速   35 m/s (中心付近)

 最大瞬間風速 50 m/s

>>ウェザーニュース台風Ch.

台風は今後も暴風域を伴いながら北上を続け、今夜遅くから明日9日(木)にかけて関東地方や東北太平洋側にかなり接近し、一部が暴風域に入る見込みです。

予想の西寄りのコースを通ると、関東や東北に上陸するおそれもあります。

太平洋沿岸部を中心に激しい雨

関東や東北太平洋側では、台風が接近する前から前線や湿った東から風が吹きつける影響で雨が降る予想です。

台風本体の雨雲がかかる時間帯には、沿岸の地域などで非常に激しい雨が降るおそれがあるため、土砂災害や低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

台風の速度が遅く、影響が長引くおそれも

また、台風13号は時速15kmと移動速度が遅いため、影響時間が長引くおそれがあります。

大雨となるエリアよりも風が強まるエリアは広く、台風の中心から離れた東京湾沿岸などでも風が非常に強まる予想です。

暴風による飛来物や、歩行中の転倒、自動車の運転等には十分注意して下さい。

道路の通行止めや鉄道の運転見合わせ、飛行機の欠航や到着地変更など、交通機関へ影響が出ることも予想されます。外出前に交通情報を確認するようにしてください。

今夜は影響が少ない時間帯に、できるだけ早めに帰宅をすることをおすすめします。

>>各都道府県ごとの詳しい影響〔会員メニュー〕

台風の名前「サンサン」

サンサン(Shanshan)は、香港が提案した名称で、少女の名前が由来です。

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

2018/08/08 07:32

関連記事

Source: ハフィントンポスト