台風13号、強い勢力で関東直撃

強い台風13号が関東に接近中です。台風はこれからあす9日午前中には暴風域を伴って関東と東北の太平洋側にかなり接近し、台風が西寄りの進路を進んだ場合には上陸の恐れがあります。関東と東北の太平洋側では大荒れの天気に警戒が必要です。

強い台風13号が関東に接近中です。台風は今後も強い勢力を維持したまま、暴風域を伴い北上。今夜遅くからあす9日昼ごろにかけて関東と東北の太平洋側にかなり接近し、台風が西寄りの進路を進んだ場合には上陸の恐れがあります。お住まいの地域でどれくらいの雨や風が予想されているのか詳しく見ていきます。

雨 長時間にわたって非常に激しく降り続きます

きょう日中は台風周辺の発達した雨雲が関東や東北に次々とかかりはじめ、昼ごろから雨脚が強まります。あす9日昼ごろにかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が断続的に降る予想です。場所によっては1時間に80ミリを超える猛烈な雨の降る恐れがあります。また、台風の動きが比較的遅いため、影響が長引き、降り始めから総雨量がかなり多くなる恐れがあります。2日間でトータル500ミリ近い雨量となる所がありそうです。これだけの雨が降ってしまうと地盤が水分をたっぷり含み、崖や山が崩れやすくなります。また、川幅が狭い河川は水位が一気に上昇し、氾濫、場合によっては堤防が決壊する恐れもあります。市街地ではアンダーパスに降った雨が集まり、冠水する恐れも想定されます。

暴風や高波、そして高潮にも警戒を

台風は強い勢力を維持して接近しますので、猛烈な風が吹き荒れる恐れがあります。特に暴風に警戒が必要なのが、台風が接近する時間帯。関東は今夜からあす9日の昼ごろをピークに夕方にかけて。東北ではあさって10日午前中いっぱい続き、関東では瞬間的に陸上で35メートル、海上で50メートルの暴風が予想されます。関東では台風の接近とあすの通勤時間が重なり、交通の足にも影響が出る恐れがあります。気象情報に加え、交通情報もこまめにご確認ください。

また、暴風によって海上は猛烈なしけとなりますので、海岸付近に近づかないようにして下さい。加えて今は年間で潮位が高い時期です。台風13号の接近と満潮時刻が重なると潮位がかなり上昇し、高潮の恐れがあります。沿岸部にお住まいの方は満潮時刻を中心に高潮による防波堤の越波(えっぱ)や道路冠水などに警戒して下さい。

情報は常に新しいものを!

今回の台風は動きが遅いというのが特徴です。雨や風のピークが予想よりも長引いたり、影響が拡大することも想定する必要があります。気象情報や交通情報、自治体から出される情報は常に新しいものをご確認ください。

2018年08月08日08:11

関連リンク

最新の台風情報

発表中の警報・注意報

雨雲の動き(実況と予報)

最新の天気解説(日直予報士)

日本気象協会 本社防災危機管理者 気象予報士

樋口 康弘

福島県福島市生まれ

山や川に囲まれた自然豊かで長閑な環境で育ちました。

今も昔も変わらず大好きな土地です。

座右の銘:七転び八起き(それ以上に転んでは起き上がります!)

趣味:競馬、麻雀、スノーボード、野球(する観る不問。スコアラーや選手コールもしますよ)

↑共通点は風を読むこと・・・

この仕事をしてよく聞かれることがあります。

「~日の天気どうにかならないの?」

天気を変えることはできませんが、

天気を予報して、その時に最善の行動をエスコートすることはできると思っています。

気象予報士としてまだまだ未熟ですが、

皆さまの生活のお役にたてるよう精進してまいります。

Source: ハフィントンポスト