西日本豪雨から1カ月、ミカンの産地宇和島には数え切れないほどの土砂崩れの爪痕が残っていた(動画)

西日本豪雨からまもなく1か月。

26人が亡くなった愛媛県内では、大洲市、宇和島市吉田町、西予市野村町などで、土砂崩れや浸水被害が相次ぎ、愛媛大学の災害調査団が調べたところ、県内で3410カ所の土砂崩れなどが発生していたことがわかった。

そのうち2271カ所もの土砂崩れが集中したミカンの産地宇和島市吉田町で、8月2日、ドローンで空撮をした。 下からは見えない場所にも至る所で、土砂崩れの跡が目につき、緑豊かなミカン畑には、数え切れないほどの茶色い土砂崩れの爪痕が残っていた。

無残にも農道は崩落し、ミカンの木々もなぎ倒されていた。 青く輝く海と、土砂崩れ跡が目立つミカン畑。 のどかな風景の真ん中に、大規模な土砂崩れの跡があった。 ミカンの木々がかろうじて残った畑も、下地の土砂が流出し、茶色くなっていた。 宇和島市吉田町。茶色くなった場所が土砂崩れの跡。無数に広がっていた。

Source: ハフィントンポスト