関東、日曜(5日)は猛烈な暑さ ⇒ 月曜(6日)は広く雨

関東地方は、5日(日)も猛烈な暑さが続くでしょう。6日(月)は夏と秋の空気を分ける前線が関東付近を南下する見込みです。広く雨が降り、7日(火)立秋は極端な暑さは収まりそうです。

5日(日)も猛烈な暑さ

関東地方は4日(土)も強い日差しが照りつけ、最高気温は群馬県伊勢崎で37.2度、埼玉県熊谷で37.0度など、内陸で35度以上となった所が多くなりました。東京都心は34.1度と、猛暑日一方手前まで上がりました。

5日(日)も強い日差しと、猛烈な暑さが続きそうです。

立秋は暑さ収まる

6日(月)は関東付近を前線が南下する見込みです。各地とも雲に覆われて雨が降るでしょう。雷が鳴り、雨脚が強まることもありそうです。湿度が高めで、蒸し暑いでしょう。

前線通過後は比較的冷たい空気が流れ込む見込みです。7日(火)立秋は、曇り空で猛烈な暑さは収まりそうです。

強い台風13号 本州に接近か

強い台風13号は南鳥島近海を北上しており、6日(月)頃に小笠原近海を北上する予想です。その後の予報円はまだ大きくなっています。進路の予報にかなり幅があるような状況ですが、9日(木)は本州は予報円に入っており、8日(水)から9日(木)頃に本州に接近する恐れがあります。日本付近の海面水温は平年より高く、台風の勢力があまり衰えずに接近する可能性があります。

今後の台風の動向によっては、関東地方に影響がでてくることも考えられます。今後の台風情報、気象情報に注意が必要です。

2018年08月04日19:47

白石 圭子

日本気象協会 本社気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

気象情報をわかりやすく伝えられるよう、奮闘しています。

関連記事

Source: ハフィントンポスト