台風13号(サンサン)発生 発達しながら北上の恐れ

南鳥島近海の熱帯低気圧が3日(金)9時に台風13号(サンサン)になりました。中心気圧は998hPa、中心付近の最大風速は18m/sで、ゆっくりと西に進んでいます。

▼台風13号 3日(金) 9時現在

 存在地域   南鳥島近海

 大きさ階級  //

 強さ階級   //

 移動     西 ゆっくり

 中心気圧   998hPa

 最大風速   18 m/s (中心付近)

 最大瞬間風速 25 m/s

今後の見解は?

朝鮮半島から西日本方面に張り出す高気圧と、太平洋に勢力をもつ高気圧の間を進むような形で北上すると見られます。6日(月)頃には強い勢力になって小笠原近海へ達する見込みです。その後は今の所、日本よりも東の海上を進む可能性が最も高いですが、高気圧の勢力によっては東西に進路が変化することもあるため、今後の動きに注意が必要です。

>> ウェザーニュース台風Ch.

気象予報士による 動画解説

※24時間生放送の天気予報専門番組「ウェザーニュースLiVE」より

2018/08/03 11:36

関連記事

Source: ハフィントンポスト