お盆以降も暑さ継続、西・東日本は台風やゲリラ豪雨による強い雨にも注意(1か月予報)

8月2日(木)に気象庁から1ヶ月予報(対象期間:8月4日〜9月3日)が発表されました。

8月も西・東日本は平年より高く

気象庁によると、8月中は西日本、東日本で気温が平年を上回ります。晴れた日は気温が上がり、お盆休み以降も暑い日が多くなりそうです。

北日本も8月中旬以降は気温の高い傾向となっています。厳しい暑さが長期間に渡りますので、暑さ対策は必須です。

台風やゲリラ豪雨による強い雨に注意

8月中旬からはオホーツク海高気圧が出現しやすくなり、夏の高気圧との間に前線が作られます。その影響で、北日本は雨の降る日が増え、降水量は平年並みか多い見込みです。

また、夏の高気圧そのものも一時的に勢力を弱めるタイミングがあり、西日本、東日本も湿った空気の影響でゲリラ豪雨が発生しやすくなったり、台風が近づく可能性があります。暑さとともに強い雨にも注意が必要になりそうです。

>>この先3ヶ月間の天気傾向

2018/08/02 15:29

Source: ハフィントンポスト