灼熱の暑さで40℃予想も 天気の急変にも注意(7月3日の天気)

■ 天気のポイント ■

・危険な暑さが継続、40℃予想のところも

・午後は天気急変に注意

・北日本は夏の日差しと秋の空

今日3日(金)も夏の高気圧が日本列島をしっかりと覆って、夏空が広がります。

特に九州〜関東にかけては猛暑日のところが多く、40℃が予想されているところもあります。

午後は天気の急変にも要注意です。

危険な暑さが継続、40℃予想のところも

西日本や東日本は高気圧に覆われて夏空が続きます。各地で気温が上がって軒並み35℃を超える猛暑日になりそうです。

岐阜県の美濃では最高気温が40℃予想と、近畿から東海、甲信、関東の一部では危険な暑さとなるので、外での活動は最低限にとどめ、やむを得ない場合も定期的な休憩と水分・塩分補給を欠かさないようにしてください。

【今日の予想最高気温】

40℃:美濃(岐阜)

39℃:伊勢崎(群馬)、甲府、名古屋、岐阜、多治見(岐阜) など 

38℃:前橋、熊谷(埼玉)、京都 など

午後は天気急変に注意

昨日2日 豪雨の前の雲(沖縄県)

午後は気温の上昇によって大気の状態が不安定なります。

九州や中国四国、関東や山梨県周辺は特に雲が発生しやすいので、黒っぽい雲に覆われてきたら激しい雨や落雷、突風などに注意が必要です。

北日本は夏の日差しと秋の空

北日本も高気圧に覆われ、晴れるところが多くなります。

日差しは強く、夏そのものですが、西日本や東日本に比べると乾いた空気に覆われるので、空に広がる雲には少し秋らしさが見えるかもしれません。

昼間は暑くても、朝晩は比較的過ごしやすくなります。

>>詳しい各地の天気・気温

ピンポイント天気予報

2018/08/03 05:08

関連記事

Source: ハフィントンポスト