ジバンシィ氏が死去 オードリー・ヘプバーンが愛したデザイナー 「彼の服は私そのもの」

ユベール・ド・ジバンシィ氏(右)とオードリー・ヘプバーン(左)

フランスの高級ファッションブランド「ジバンシィ」創業者のユベール・ド・ジバンシィ氏が3月10日に死去した。The Localなど複数の海外メディアが報じた。91歳だった。

ジバンシィの公式Twitterでも、「創業者ユベール・ド・ジバンシィの訃報を報告するのを悲しく思っています」とhttps://platform.twitter.com/widgets.js” target=”_blank”>発表された。

https://platform.twitter.com/widgets.js

ジバンシィは、フランス・オートクチュールを作り上げた主要な人物であり、半世紀以上にわたってパリジャン・シックとエレガンスを築き上げてきた紳士、創業者ユベール・ド・ジバンシィの訃報を報告するのを悲しく思っています。彼の死は多くの人から惜しまれるでしょう。

ジバンシィ氏は1927年、フランス・ボーヴェの貴族の家系に生まれた。幼い頃に父を失くし母と祖母によって育てられ、1952年、パリ市内にオートクチュールメゾンを設立した。

ジバンシィ氏は伝説の女優、オードリー・ヘプバーンの映画衣装を手がけたことでも知られている。映画『麗しのサブリナ』で初めてヘプバーンのドレスをデザインして以降、ヘプバーンがこの世を去るまで親交は続いた。

中でも、『ティファニーで朝食を』のオープニングを飾った黒いドレスはヘプバーンのアイコンにもなり、ジバンシィ氏の代表作の一つになった。

ジバンシィ氏とヘプバーン 『ティファニーで朝食を』の冒頭シーンでヘプバーンが着用したドレス。

シンプルで洗練されたシルエットの中に、優雅さがあるスタイルを提案し続けたジバンシィ氏。

ヘプバーンはジバンシィ氏について、「彼が作り出す服は、私そのものを表す唯一の服なんです」と語っていた

1991年、ジバンシィ氏とヘプバーン。

Source: ハフィントンポスト