29日の天気は? 台風12号が西日本を縦断 災害に警戒

台風12号は、勢力をだんだん弱めるものの、活発な雨雲を伴った状態で西日本を東から西へ通過します。西日本豪雨に見舞われたエリアも強い雨が予想され、新たな土砂災害や川の増水など警戒が必要です。

西日本は荒天のピーク

台風12号は、午前1時頃に三重県伊勢市付近に上陸し、近畿地方を西に進んでいます。西日本を東から西へと通過する異例のコースです。各地で雨や風が強まります。西日本豪雨に見舞われたエリアも強い雨が予想され、新たな土砂災害や川の増水など警戒が必要です。明るい時間に早めに避難し、不要不急の外出は控えてください。

海上の高波のほか、台風接近時と満潮時の高潮による沿岸エリアの道路冠水や浸水に注意が必要です。

東日本「台風一過」ならず

台風が遠ざかると、スッキリとした青空が広がるのが「台風一過」のイメージ。しかし、今回は、東から西へと通過する異例のコース。上空は相変わらず湿った風が流れ込み、午前中を中心に雨の降りやすい天気です。雨や風のピークを過ぎるものの、雨具が必要です。

北陸は猛烈な暑さ 熱中症に警戒

北陸や東北、北海道は、日差しの届く所が多くなります。日差しが強く暑くなりそう。特に北陸エリアは、南東の風が山を越える時、高温の風となって吹き下ろすフェーン現象が重なり、40℃近くまで上がるような猛烈な暑さになりそうです。こまめな水分、塩分補給や休憩など熱中症対策は万全に行ってください。

>> 詳細 各地の天気・気温

2018/07/29 06:08

【関連記事】


Source: ハフィントンポスト