台風12号、関東に接近 急激な風雨の強まりに警戒が必要

台風12号

強い台風12号は、伊豆諸島の八丈島の東150キロの海上を1時間に45キロの速さで北西へ進んでいるとみられます。(28日(土)13時)

きょうの夕方から夜にかけて関東・伊豆諸島に最も近づき、その後、強い勢力を保ったまま夜遅くから29日未明にかけて東海に上陸するおそれがあります。

▼台風12号 28日(土)12時現在

存在地域   八丈島の東約200km

 大きさ階級  //

 強さ階級   強い

 移動     北西 45 km/h

 中心気圧   970 hPa

 最大風速   35 m/s (中心付近)

 最大瞬間風速 50 m/s

急激な風雨の強まりに要警戒

28日12時頃のひまわり8号衛星画像

台風12号は依然として中心付近の最大風速が35m/sと強い勢力を保っています。日本に近づき、ひまわり8号の高頻度観測でもその姿を捉えられるようになってきました。

不明瞭ながらも台風の目を確認することができ、周囲に白くクッキリと映る、非常に発達した雨雲が密集しています。ただ、範囲はそれほど広くありません。

こうした台風が接近する場合は、急激に風雨が強まるケースがあります。

雨・風ピーク

関東や東海は夕方から夜にかけて近づくため、明るいうちはそれほど雨風が強くなくても、暗くなってくると急激に雨風が強まる恐れがあるため、最新の台風の位置情報や雨雲レーダー画像などを確認し、油断をしないようにしてください。

29日(日)は豪雨被災地を直撃

予想雨量

29日(日)にかけて近畿や中国地方を通過する見込みです。

「平成30年7月豪雨」で大きな被害がでた岡山県や広島県付近を直撃し、1時間に30~50mmの激しい雨を降らせそうです。総雨量も多いところでは100mmを超え、新たな災害の発生する恐れがあります。

避難をする場合は28日(土)の明るいうちに済ませるようにしてください。

((2018年07月28日ウェザーニュース「台風12号 関東に接近 急激な風雨の強まりに要警戒」より転載))

関連記事

var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([‘insertWidget’, { widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’, insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’, renderTemplateUrl: ‘auto’}]); // Async load of cx.js (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’; e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’; t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: ハフィントンポスト