台風12号、28日午後は関東や東海で大荒れの天気に

台風12号

台風12号は時速45kmとやや早い速度で徐々に進路を西寄りに変えています。28日(土)11時の推定位置で八丈島の東約220kmの海上に達し、房総半島など関東の一部が風速15m/s以上の強風域に入ってきました。

▼台風12号 28日(土)11時推定

 存在地域   八丈島の東約220km

 大きさ階級  //

 強さ階級   強い

 移動     北北西 45 km/h

 中心気圧   970 hPa

 最大風速   35 m/s (中心付近)

 最大瞬間風速 50 m/s

まだ極端な風の強まりは見られず、最大瞬間風速は三宅島で20.5m/s、調子で18.7m/sなどとなっています。台風の接近に伴い急速に風の強まる恐れがあるため、飛びやすいものを室内に入れるなど、早めに対策をしておくと良さそうです。

また、本州への接近タイミングはやや遅くなっています。28日(土)夕方頃に伊豆諸島付近を通過し関東に最接近。深夜には中心付近の最大風速35m/sと強い勢力を保った状態で深夜に東海地方に上陸し、明日29日(日)朝には近畿地方に達する見込みです。

午後は関東や東海で大荒れの天気に

雨・風ピーク

台風接近前から関東や東海の一部には活発な雨雲が広がり、午前6時過ぎに千葉県成田市で1時間に21.5mm、茨城県龍ケ崎で20.5mmの雨を観測しました。

午後にかけても断続的に活発な雨雲が通過し、夕方からは台風本体の雨雲が近づいて、雨、風ともに強まってくる見込みです。

29日(日)は豪雨被災地を直撃の見込み

予想雨量

台風は29日(日)になるとやや速度を落とし、近畿から中国地方を通過。30日(月)には九州の北部に達する見込みです。

29日(日)は「平成30年7月豪雨」で大きな被害が出たエリアを台風が通過し、強い雨を降らせる恐れがあります。新たな災害発生の恐れがあるため、避難をする場合は出来るだけ28日(土)の明るいうちに完了させてください。

気象予報士による 動画解説

(2018年07月28日ウェザーニュース「台風12号 関東の一部が強風域に28日(土)深夜に強い勢力で東海上陸へ

」より転載)

関連記事

var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([‘insertWidget’, { widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’, insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’, renderTemplateUrl: ‘auto’}]); // Async load of cx.js (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’; e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’; t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: ハフィントンポスト