台風12号、接近前から強い雨風に要警戒 今夜、東海地方に上陸の恐れ

台風12号

強い台風12号は、28日(土)6時現在、八丈島の東南東約440kmにあり、1時間におよそ40kmの速さで北北西に進んでいます。

中心付近の最大風速は40m、最大瞬間風速は55mで、台風の中心から半径130km以内は風速25m以上の暴風域となっています。

また、台風の外側で発生した強い雨雲が東日本の太平洋側エリアにかかっています。

▼台風12号 28日(土)6時現在

 存在地域   八丈島の東南東約440km

 大きさ階級   //

 強さ階級   強い

 移動     北北西 40 km/h

 中心気圧   965 hPa

 最大風速   40 m/s (中心付近)

 最大瞬間風速 55 m/s

台風12号は、このあと進路を北西を変えて、28日(土)夜に東海地方に上陸する恐れがあります。海面水温が高いため、強い勢力を保ったまま接近する見込みです。

海面水温の比較

台風接近前から強い雨風に要警戒

雨・風ピーク

現在、東日本の太平洋側のエリアを中心に台風の外側の雨雲がかかっていますが、関東や東海ではこのあとも引き続き雨雲が流れ込みやすい状態は続き、1時間に30~50mmの激しい雨になる所もありそうです。台風の接近前から道路冠水などの恐れがあるため、警戒が必要です。

28日(土)午後からは台風本体の影響も受けて、夜にかけて断続的に強い雨が降る見込みです。

29日(日)は豪雨被災地を直撃

予想雨量

28日(土)夜には紀伊半島を中心とする東海地方に上陸し、29日(日)にかけて近畿や中国地方を通過する見込みです。

「平成30年7月豪雨」で大きな被害がでた岡山県や広島県付近を直撃し、1時間に30~50mmの激しい雨を降らせそうです。総雨量も多いところでは100mmを超え、新たな災害の発生する恐れがあります。

避難をする場合は28日(土)の明るいうちに済ませるようにしてください。

気象予報士による 動画解説

※24時間生放送の天気予報専門番組「ウェザーニュースLiVE」より

(2018年07月28日 ウェザーニュース「台風12号 接近前から強い雨風に要警戒 今夜、東海地方に上陸の恐れ

」より転載)

関連記事

var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([‘insertWidget’, { widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’, insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’, renderTemplateUrl: ‘auto’}]); // Async load of cx.js (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’; e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’; t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: ハフィントンポスト