台風12号、速度を上げて週末列島直撃

強い台風12号は、きょう(27日)午後3時現在、父島の東南東にあって、速度をやや速めながら北よりに進んでいます。あす(28日)の午後には勢力を維持したまま関東に接近し、東海から西日本に上陸する恐れがあります。西日本豪雨の被災地などでは厳重な警戒が必要です。

台風12号、週末に直撃の恐れ

強い台風12号は、27日午後3時現在、父島の東南東170キロにあって、1時間に30キロの速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルです。この後速度を上げながら北上し、次第に西よりに進路をかえて、28日の午後には強い勢力を維持したまま関東地方にかなり接近するでしょう。29日の明け方までには東海から西日本に上陸する恐れもあります。

雨や風のピークと見通し

台風12号の北側には、上空に寒気を伴った渦があります。この寒気の渦と台風の渦巻き状の風が影響しあうことで、関東に近づいたあとは西に進路を変えると考えられます。この上空の寒気の影響で、台風が近づく前にも大雨になる可能性があります。関東や東海では27日の夜から雨雲がかかり、沿岸部では激しい雨の降る所もあるでしょう。湿った東寄りの風が強めに吹くため、多摩地方や箱根、秩父などの山の東側斜面でも激しい雨となり、大雨になる恐れがあります。

この寒気の渦に伴う雨が一度おさまってから、台風本体や周辺の雨雲が近づくため、関東や東海は28日の昼頃からふたたび雨や風が強まるでしょう。強い勢力を維持したまま台風が近づくことから、風が急に強まりそうです。関東の雨や風のピークは28日の夜にかけて、東海は風のピークは29日の朝までですが、雨のピークは夜まで続くでしょう。その後さらに台風は西よりに進み、西日本豪雨の被災地を直撃する恐れがあります。近畿や中国、四国では28日の夜から29日の昼頃にかけてが雨や風のピークとなるでしょう。九州は29日の昼頃から雨や風が強まりそうです。

警戒ポイント

土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。特に西日本豪雨の被災地で地盤が緩んでいる所では、少しの雨でも土砂災害の発生しやすい状況となっています。危険な場所には近づかないようにしましょう。また、暴風やうねりを伴った高波にも厳重に警戒してください。この週末は大潮の時期に当たるため、高潮にも厳重な警戒が必要です。海岸には絶対に近づかないようにしましょう。また落雷、竜巻などの激しい突風に十分注意してください。お住まいの自治体から発表される避難に関する情報や、最新の気象情報をこまめに確認して、早め早めの避難行動をお願いします。

2018年07月27日16:35

関連リンク

最新の台風情報

発表中の警報・注意報

雨雲の動き(実況と予報)

最新の天気解説(日直予報士)

日本気象協会 本社気象予報士/防災士/熱中症予防指導員/栃木県防災会議委員/栃木県防災士会理事/酒々楽大使

福嶋真理子

宇都宮市出身。元CRT栃木放送アナウンサー。

現在は、日本気象協会で気象予報業務に携わるとともに、フリーアナウンサーとしても活動。

現在の出演番組

★気象予報士として

・NHK千葉放送局、文化放送のお天気コーナー

・インターネット動画によるお天気解説 

・その他、荒天時における各局の臨時解説等

★フリーアナウンサーとして

・とちぎテレビ「とちテレニュースLIFE」キャスター

・CRT栃木放送「歌のない歌謡曲」「クラシックガーデン」等のパーソナリティ

★その他

・演奏会、講演会などの各種司会

・防災講演会、防災シンポジウムの講師やパネリスト

・防災関連誌への寄稿 等

特技:ピアノとトロンボーンの演奏

趣味:野球観戦、フィギュアスケート鑑賞、鉄道と飛行機(乗ったり撮ったり)

Source: ハフィントンポスト