LINEで「花火」が打ち上がる。英語にも対応、花火大会の代わりにするしかない…

花火大会シーズンがやってきた。でも、7月28〜29日は台風12号が接近中…。

あなたがもし、iPhoneユーザーで、LINEを使っていたら。「花火」というワードを使って、誰かにメッセージを送ってみてください。

ちょっと楽しくなる隠し機能が仕掛けられています。

***

まずは、iOS版LINEのバージョンを、最新の「バージョン7.14.0」にアップデート。

そのあと、お馴染みのトーク画面で「花火」や「fireworks」というワードを使って、メッセージを送信してみてください。

すると…

ブラウン版

花火が打ち上がります!

via GIPHY

「花火」でサプライズエフェクトが出現するのは、2017年に続き2回目。昨年と異なるのは、LINEキャラクターの花火が打ちあがること。

花火の種類は合計3種類で、ブラウン、コニー、サリーの形をした花火がランダムに打ちあがります。

日本に住んでいる外国出身の人など、より多くの人が機能を楽しめるよう、英語の「fireworks」でも対応しているそう。

サニー版

台風で花火を見られなかったら…

LINEの「打ち上げ花火」を楽しむしかないかも🤔🤔🤔

Source: ハフィントンポスト