台風12号、進路右側が危険 関東も引き続き警戒を

台風12号は、28日(土)昼頃には伊豆諸島に接近、その後は西寄りに進路を変えて勢力を保ったまま関東や東海の沖を進み、紀伊半島を中心とした東海地方に暴風域を伴ったまま接近、上陸する見込みです。

関東、東海は台風から離れていても要警戒

台風が本州に近づいた時、多くの場合は東よりに進みますが、12号は西よりに進むため、危険エリアも変わってきます。

台風は進行方向に向かって右側が「危険半円」と呼ばれ、雨、風ともに強まります。東に進んでいる場合は、台風の「南側」が危険になりますが、今回は西に進んでいるため、「北側」が危険になりやすいのが特徴です。

最新の予報では関東の南を通過する可能性が高く、関東や東海が雨風の強まりやすい進路の右側に入るおそれがあります。そのため、台風が上陸しなくても、強い雨風に対する備えが必要です。

>>最新の台風情報を確認

活発な雨雲が流れ込み今夜から激しい雨

28日午前3時の雨の様子

関東や東海は27日(金)の夜遅くから雨雲が流れ込みやすくなります。沿岸部を中心に活発な雨雲が通過し、1時間に30~50mmの激しい雨になる所もありそうです。台風の接近前から道路冠水などの恐れがあるため、早めに警戒が必要です。

28日(土)午後からは台風本体の影響も受け、夜にかけて断続的に強い雨となります。

>>現在の雨雲の様子

Source: ハフィントンポスト