ゲリラ豪雨、東海や西日本で要注意 関東の暑さはさらにトーンダウン(7月26日の天気)

■ 天気のポイント ■

・西日本、東海は暑さとゲリラ豪雨に注意

・関東の暑さは、さらにトーンダウン

・北日本は日差しに暑さ

今日26日(木)は、西日本や東海では引き続き晴れて、猛烈な暑さになります。

ただ、上空に流れ込む寒気の影響で天気急変のおそれがあり、激しいゲリラ豪雨にも注意が必要です。

西日本・東海は暑さとゲリラ豪雨に注意

西日本から東海にかけては引き続き高気圧圏内で強い日差しが照りつけます。35℃以上の猛暑日のところが多く、暑さに対する警戒はまだ緩めることが出来ません。

【予想最高気温が高い主な都市】

38℃:佐賀、久留米(福岡) など

37℃:京都、山口、熊本、日田(大分) など

また、上空の寒気の影響で大気の状態が不安定になり、午後は広い範囲でゲリラ豪雨に注意が必要です。

関東の暑さはさらにトーンダウン

関東は雲優勢で日差しが控えめで、そのぶん気温は昨日よりもさらに低く、30℃に届くかどうかになります。

湿度が高くムシムシとは感じられますが、これまでの猛暑に比べるとかなりしのぎやすくなりそうです。

>>現在地の予想気温を見る

北日本は日差しに暑さ

北日本は日本海側を中心に青空が広がります。

暖かな空気が流れ込んで日差しが届くと気温は上昇。旭川では予想最高気温が33℃など、北海道でも内陸部では30℃を超えそうです。

日差しの下では暑さを感じられます。

>>詳しい各地の天気・気温

ピンポイント天気予報

2018/07/26 05:42

Source: ハフィントンポスト