本田圭佑、「清々しい」を「きよきよしい」と誤読⇒Twitterざわつく⇒「お恥ずかしい。もうしっかり覚えました」とコメント

ワールドカップ・日本対ポーランド戦の本田圭佑選手=6月28日、ロシア・ボルゴグラード

サッカー・ワールドカップに出場した本田圭佑選手(32)が、テレビのインタビューで「清々しい」を「きよきよしい」と誤読したことがソーシャルメディアで話題になった。これに対し、本田選手自身がTwitterで「お恥ずかしい。漢字が苦手で。でも、もうしっかり覚えました」と投稿。自らの誤りを素直に認める姿勢に共感する人が相次いだ。

https://platform.twitter.com/widgets.js

本田選手は7月3日に日本テレビ系で放送された番組「NEWS ZERO」のインタビューで、惜敗したベルギー戦を振り返った。

その中で、現在の心境を問われると、「まあ、今はすごく、なんというんですかね、きよきよしいというか」などと答えた。

この放送を見た人たちがTwitterで「清々しい」を読み間違っているのではないか、と次々と指摘。「『大迫半端ない』にはじまり、『本田きよきよしい』で終わるロシアW杯」「世界のケイスケホンダが”きよきよしい”と言うなら”きよきよしい”でいいじゃないか」などのコメントが並んだ。

読み間違えたことがニュースになると、本田選手は4日、Twitterで「お恥ずかしい。漢字が苦手で。でも、もうしっかり覚えました」と投稿。

すると、「自分の恥ずかしい部分を認める男はかなりカッコイイと思います」「素直に謝る本田選手が清々しいです!」などの好意的な反応があった。

本田選手はワールドカップ前に放送されたNHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」の中で、自分にとってのプロフェッショナルと問われた際、「ケイスケ・ホンダです。今後はもう、(プロフェッショナルの意味を)ケイスケ・ホンダにしてしまえばいいんです。お前、『ケイスケ・ホンダやな』みたいな」などと発言。ソーシャルメディアなどで話題になっていた。


Source: ハフィントンポスト