いよいよ梅雨。西・東日本では6月後半に大雨となる可能性もあり

2018年6月は、各地で雨の季節へと突入していきます。西・東日本では後半に大雨となる可能性も。一方、沖縄はひと足早く夏に突入へ。

>>8月までの天気を解説

北日本:東北は段々と雨の季節へ

天気

周期的に天気が変化します。東北は中旬に北部・南部ともに梅雨入りして曇りや雨の日が多くなるとみています。

月末は大雨に注意が必要です。

気温

全般に気温は平年よりやや高くなる予想。

ただ、月末にはオホーツク海高気圧が発生し、北海道太平洋側やオホーツク海側では湿った東よりの風が流れ込みやすく気温の低くなる日がありそう。季節外れの寒さになることも。

東日本:いよいよ雨の季節が到来

天気

関東甲信・東海は上旬、北陸は中旬に梅雨入りする見込みです。

上旬は周期変化し、雷雨になる日もあります。晴れた日の日差しを有効にご活用ください。

後半は梅雨前線が活発となり、大雨の恐れがあります。

気温

平年よりやや高い~平年並みです。湿度が高くなりジメジメ・ムシムシするため、エアコンが活躍しそうです。

西日本:下旬は九州南部で梅雨に突入

天気

上旬には全域で梅雨入りする見込みです。雷雨になる日もあります。

晴れた日の日差しを有効にご活用ください。

後半は梅雨前線が活発になり大雨の恐れがあります。

気温

気温は平年より並み。

湿度が高くなりジメジメ・ムシムシするため、エアコンが活躍しそうです。

沖縄:早くも夏空が到来

天気

前半は梅雨前線の影響で曇りや雨の日が多くなものの、中旬には早くも梅雨明けの見込み。

全国に先駆けて夏が到来し、強い日差しがジリジリと照り付けてお出かけは紫外線対策が必須です。

月末は台風接近の可能性があります。

気温

気温は平年よりやや高く、熱中症対策が必須です。

>>8月までの天気を解説

※本文中で使用している期間は以下を指します。

・上旬:1~10日

・中旬:11~20日

・下旬:21~月末

・前半:1~15日

・後半:16~月末

(2018年5月30日ウェザーニュース「6月は各地で雨の季節へ後半は大雨となる恐れも」より転載)

var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([‘insertWidget’, { widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’, insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’, renderTemplateUrl: ‘auto’}]); // Async load of cx.js (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’; e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’; t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: ハフィントンポスト