サッカー日本代表が発表、ネットでは「サプライズゼロ」の声 若手落選、ベテラン優遇…

サッカー日本代表が5月31日に発表された。当初発表された27人から絞り込まれた23人が選ばれた。落選したのは井手口陽介、三竿健斗、浅野拓磨の3人の若手だった。メンバーは以下の通り。

【GK】川島永嗣、東口順昭、中村航輔

【DF】長友佑都、槙野智章、吉田麻也、酒井宏樹、酒井高徳、昌子源、遠藤航、植田直通

【MF】長谷部誠、本田圭佑、乾貴士、香川真司、山口蛍、原口元気、宇佐美貴史、柴崎岳、大島僚太

【FW】岡崎慎司、大迫勇也、武藤嘉紀

チーム最年少は23歳の植田と中村で、ベテラン・中堅の経験豊富なメンバーで固めた。最終予選で活躍した井手口と浅野、鹿島での活躍が注目された伸び盛りの三竿といった若手が漏れた。西野監督は落選理由に「(井手口や浅野は)ゲーム勘だけ」などと述べた。

ベテランを優先する手堅い選考にSNS上では「サプライズなし」「世代交代失敗」「4年後は大丈夫なのか」といった声があがっている。

西野朗監督は「選手たちはいろいろな可能性を持っている。ロシアでいまの日本サッカーを見せなければいけない。たくさん、ロシアへの舞台を作ってくれた選手がいます。伸びている、これから飛躍してくれそうな選手がいる」と語ったが、結果的に若手が落選した。

ハリルホジッチ監督の電撃解任後、初めての実戦となった5月30日のガーナ戦で、西野監督はシステムを3バックに変更した。新たな戦術を採用したが、攻撃はほとんど機能せず2-0で完敗を喫した。

メンバー発表の会見でも「得点を求めたが、結果はでなかった」と述べた西野監督。果たしてこれで結果、将来につながるのか。ロシアW杯まで残された時間は少ない。

Source: ハフィントンポスト