1カ月間、ヴィーガン生活をした2人が肉を食べてみたら…

5月8日、火曜日。私は、いつもの火曜日と同じく、学生エディターとして働くハフポストに出勤していた。だけど、この日はいつもとちょっと違う。不安と楽しみが入り混じっていて、なんだか緊張していた。

というのも、この日は1カ月間続けていたヴィーガン生活の最終日であった。この1カ月間、肉を含めた動物性食品は一切口にしなかった。

(ヴィーガン=基本的には動物性食品を食べない人たちのこと。肉、魚を食べないベジタリアンより厳しく、乳製品や卵なども食べない)

そして、この日のランチで「肉解禁」をする予定だったのだ。1カ月間、一緒にヴィーガン生活をしていた編集部の久世和彦さんと「どうせならいちばん肉っぽいものを」と焼肉を食べることを決心し、午前中の仕事を終えた後、私たちは焼肉店に向かった。

「肉の匂いは大丈夫かな」「胃もたれして、午後は仕事ができないかもしれない」などと会話を続けていると、焼肉店に到着してしまった。

早速、焼肉のランチを注文する。肉が来るまでの間、なんだかずっとドキドキしていた。それから少し時間が経つと、脂がのった肉がやってきた。肉と、1カ月ぶり再会だ。

そして、私たちは肉の扱い方をまるで忘れてしまったかのように、慣れない手つきで肉を焼きはじめた。

肉を焼く久世さんと私①(お店の特定を避けるために加工を入れています) 肉を焼く久世さんと私②(お店の特定を避けるために加工を入れています)

肉を焼きはじめると、煙が出てくるが、意外と焼肉の匂いは気にならない。あれ、もしかして、普通においしく食べられるのではないか、と思いながらいよいよ口に運んでみる。

肉を口に運び、ゆっくりと噛んでみると…

反応はそれぞれ。考え込んでしまう久世さんと、笑ってしまう私 肉の味を確かめる久世さん 笑ってしまう私

久世さんは黙って考え込んでしまい、私は謎に笑いを止めることができない。少し落ち着いてから、お互いにどうだったか確認してみる。

「肉ってこんなに脂すごかったんだ…」「食感がちょっと無理かもしれない」と同意しあう。2人で出した結論は、 すごく表現を悪くすると「噛むたびに脂が出てくるゴムみたい」だった。

(あくまでも肉を1カ月食べなかった人たちの意見です)

結局、私たち2人は肉は2枚でギブアップ。残った肉は一緒に来ていた編集部の方においしく食べていただき、私たちはサラダと野菜のナムル、白米をいただいた。

ちなみに、今日5月21日で焼肉を食べた日から2週間が経つ。私は普通に肉を食べられるようになったが(しかし、選べるのであれば肉より野菜を選んでしまう)、久世さんは今でも肉をあまり食べられないらしい。かろうじてヨーグルトは食べているらしいが、ヴィーガン生活前の食生活に完全に戻すのは難しいそうだ。

久世さんは今でも野菜中心の生活を送っているらしい

こうして、私たちの1カ月のヴィーガン生活は幕を閉じた。すごく楽しくて、新しい発見がたくさんあった「アタラシイ時間」だった。

とりあえず、これで一旦ヴィーガン生活は終わりだが、これからも食生活以外でも冒険をして、たくさんの「アタラシイ時間」を過ごしてみたいと思う。

◇◇◇

第1弾 ⇒ 動物性食品は一切食べない?大学生の私が「ヴィーガン生活」をはじめる理由

第2弾 ⇒ 1カ月間、”ヴィーガン生活”をやってみて気づいた8つのこと。動物性食品を食べないとどうなる?

私は自分の食生活を1カ月間変えて、アタラシイ時間を過ごしました。そして、そのアタラシイ時間の最後にはこんなストーリーがありました。

ハフポスト日本版は5月に5周年を迎えます。この5年間で、日本では「働きかた」や「ライフスタイル」の改革が進みました。

人生を豊かにするため、仕事やそのほかの時間をどう使っていくかーー。ハフポスト日本版は「アタラシイ時間」というシリーズでみなさんと一緒に考えていきたいと思います。「#アタラシイ時間」でみなさんのアイデアも聞かせてください。


Source: ハフィントンポスト