『銀河鉄道999』まさかの実写化。栗山千明がメーテルに変身「どうなるか未知数」

松本零士の名作SF漫画「銀河鉄道999」が、初めて実写ドラマ化する。メーテル役を栗山千明、星野鉄郎役を前田旺志郎が演じ、BSスカパーで6月8日午後8時から生放送される。

「銀河鉄道999」は、未来の宇宙を舞台に、母を機械伯爵に殺された少年・星野鉄郎がメーテルとともに、銀河超特急999号に乗車し、機械の体をもらえる星を目指す物語。同作誕生から40周年を記念して制作されるドラマで、CGを多用し、壮大な世界観を表現するという。

実写ドラマは60分間生放送され、ドラマ放送後にはトーク番組も展開する。

主演の栗山、前田のコメント全文は以下の通り。

■栗山千明

メーテルは憧れの存在だったのでお話をいただいて驚きました。光栄ですし、恐縮ですし、嬉しい気持ちとともに、多くのファンがいる作品ですので、ご期待にそえるように頑張りたいと思います。

「銀河鉄道999」は小さい時にアニメで見て好きになり、特に切なさ、憂いを感じるストーリーに引き付けられた記憶があります。「愛」や「命」という普遍的なテーマで、子どもが見ても素直に楽しめ、大人が見ても奥のテーマを感じることができる、世代関係なく、見る年齢によって感じ方が変わってくる、長く愛される作品です。

この生ドラマでは、メーテルの深い想い・意志・使命、そして内に秘めている切なさ・葛藤をうまく表現し、メーテルに一歩でも近づけるように演じたいです。生ドラマは初めての挑戦で、どうなるか未知数です。今は不安の方が大きいですが、これから稽古を通してアドリブが出せるくらい余裕と自信を持ってお届けできる作品に仕上げていきたいと思います。私自身、「挑戦する」という気持ちが大きい作品です。皆さんも「どんな放送になるんだろう」と、ワクワクしていただける内容になると思います。

「銀河鉄道999」という作品の醍醐味を実写になってもちゃんとお届けできるように、これからキャスト・スタッフ、皆で作っていきますので、是非楽しみになさってください。

■前田旺志郎

オファーを聞いたときは驚きました。誰もが知っている作品の実写化を、まさか自分がやらせていただけると思っていなかったので、「嬉しいな」と思ったのと同時に、「生半可なことはでけへんな」と思いました。皆の中にそれぞれの鉄郎がいると思うので、その期待を裏切らない、期待にそえるように頑張りたいです。

「銀河鉄道999」は特にメッセージ性が強く、子どもが見ても楽しめ、大人は納得しながら見れる、作品だと思います。描かれる題材が、どの世代が見ても、何年たっても、そんなにポンと答えがでるものじゃないので、何年経っても色々な人が、色んな世代で、改めて何かに気付かされる、そんな愛される作品だと思います。

舞台経験もまだないので、生で人に伝えるということが初めてで、緊張、不安、怖いな、という気持ちが大きいです。今はまだ「生ドラマ、どういうこと?(笑)」という感じですが、アドリブが出せるくらい楽しめたら、見ている人にもそういう楽しさが伝えられると思います。ほかのドラマや映画とは撮り方が違うと思うので、生ならではの良さを、映像を通して伝えたいと思います。そして僕なりの鉄郎を出しつつ、原作に沿って演じていけたらいいなと思います。

初めての生ドラマ、どうなるか僕自身わからないですし、不安です。ですが、皆さんが想像している鉄郎、何事にもまっすぐで周りの人を巻き込むような熱い気持ちを、皆さんに伝えられるように体当たりで演じたいです。是非、見てください。

Source: ハフィントンポスト