東京で積雪を観測 9日昼頃がピークで雪が強まる可能性

千葉県佐倉市より(9日8時前の様子)

南の海上で発生する低気圧の影響で関東南部では未明から雪が降り出し、東京都心でも3時40分に今冬3回目となる降雪を観測しました。

6時過ぎには1cm未満ながらも今冬初めての積雪を観測。積雪が観測されるのは、去年2月2日以来で、12シーズン連続です。

すでに道路に積もっているところも

千葉県内を中心にやや発達した雪雲が通過し、すでに一部で雪が積もり始めています。

ウェザニュース会員からの積雪報告によると、千葉県の北西部からは「道路にうっすら」積もっているとの報告が届き始めています。気象庁のアメダスでも千葉市では7時に1cmの積雪を観測しました。

雪のピークはこのあと昼頃まで

雪のピークは9時から12時頃で、特に活発な雪雲がかかりやすい千葉県から茨城県にかけては5~10cmの雪が積もるおそれもあります。

東京都心もこのあとは雪が強まって、道路にも積もるところが増えてきそうです。

三連休初日ではありますが、車での移動は滑り止めを必ず携行のしたうえで、十分に注意をしてください。

>>都道府県ごとの詳しい積雪予想

(2019年2月9日ウェザーニュース「東京で今冬初の積雪を観測 千葉県内は道路にも積雪」より転載

【関連記事】


Source: ハフィントンポスト