”平成最後のポテチ”が爆誕 「濃い思い出を振り返りながら、濃いめのり塩味を楽しんで」

平成最後のポテトチップス

ローソンは「平成最後の日」、つまり2019年4月30日を賞味期限とするポテトチップスを発売する。その名も「湖池屋 平成最後のポテトチップス 濃いめのり塩」。「平成の濃い思い出に振り返りながら、濃いめのポテチを楽しんで」と担当者は言う。

ローソンがホームページで発表した。販売は1月29日からで、値段は税込み165円となる。

「ゆとり教育」「2000円札」「ベルリンの壁」ーー。

白地のパッケージには、平成を象徴する言葉がが並ぶ。商品名は「ポテトチップス」の文字は、右上に控えめに鎮座。「賞味期限 平成31年4月30日」の文字もデカデカと印刷されている。

商品開発の経緯を担当者に聞いた。

「何気なく手に取った商品の賞味期限が誕生日だったりすると、特別な気持ちになりますよね。日本全国にとって特別な日になる平成最後の日を賞味期限にしたら面白いかも、と思いついた湖池屋とローソンの社員のコラボ商品です」

平成最後のポテトチップス

コンビニでは味の濃い商品の人気が高く、湖池屋のポテトチップスの中でも人気の「のり塩」味と掛け合わせたという。

賞味期限は4月30日だが、店頭に並ぶのは売り切れ次第終了、ということになりそうだ。

Source: ハフィントンポスト