「性交渉の経験は?」中国の大学で出されたという期末試験の問題が物議

中国・広西チワン族自治区にある学校で出された期末試験の問題が、「あまりに性的な内容を含んでいる」として現地の学生やネットユーザーたちの怒りを買っている。「観察者網」や「北京青年報」など複数の現地メディアが伝えた。

試験のイメージ画像

■「性交渉の経験は?」意味不明な出題

問題となった試験が出されたのは、中国の広西チワン族自治区にある「北海芸術設計学院」。

1月20日に行われたのは「毛沢東思想と中国の特色ある社会主義の理論体系概論」の期末テストだったが、問題文には1問目から「性交渉の経験はありますか?エイズの良いところは何でしょう?」と授業の内容と全く関係のない問題が並んだという。

中国メディアは、実際にこの試験を受けた学生がネットに上げたとする画像を掲載している。それによると、他にも「将来子供が欲しいですか?それとも子孫は残したくないですか?」とか、「異性を選ぶときの基準は何?」などと意味不明な質問がされている。

試験を受けた人は、単位を落とすことを恐れてか、誰も試験監督に異議を唱えずに、黙々と回答していたという。

■似た問題は過去にも出題か

同じメディアによると、こうした脱線した試験問題は過去にも出されていたという。2018年に別の科目で出されたテストでは、男女がそれぞれ別の問題に回答するように要求された。このうち男性向けの問題は「(アリババグループ創業者の)ジャック・マーを知っていますか?彼の見た目をどう思う?」だった。さらに女性への質問は「なぜ多くの女性がトラブルに巻き込まれるのは、帰りが遅いからなのでしょう?」などだった。

■ネットユーザーは怒り、当局が調査へ

複数の現地メディアがこの問題を「あまりに性的なテストが出された」などとして微博(ウェイボー)などで伝えると、「これのどこが毛沢東思想概論なんだ」とか「変態じゃなければとても思い浮かばない問題」などと否定的なコメントが多く寄せられた。

北京青年報によると、学校側は会議を開き状況を詳しく調べている。また、地元当局がすでに調査を開始しているという。

Source: ハフィントンポスト